キャッシングした際の一回払いとは?その他返済方法について

私たちは毎月の収入から日々の支出をおおよそ計算し、支出が収入を超えない範囲で生活をしています。ところが突然まとまったお金が必要となったり、どうしても欲しいものがあるのにお金が足りない、といったことが起こりうる可能性はあります。

そんな時にとても便利なのがキャッシングです。しかしキャッシングを利用した場合は返済方法について考えなければいけません。

クレジットカードをショッピングで利用したときとキャッシングで利用したときの違い

キャッシングとクレジットカードのショッピング機能を混同している人も多いですが、両者は大きく異なります。まずショッピングでカードを使って買い物をした際には指定した月にカードを所有している本人の銀行口座から利用した分のお金が引き落とされます。

一方、キャッシングとはカードを使って現金を引き出す行為の事です。つまりキャッシングによって受け取ったお金はあくまでも金融会社から融資されたものであり、金融会社に対して借金をしているということになります。

ショッピングで利用したときと、キャッシングで利用したときの支払の際の大きな差が、金利が発生するかどうかです。

ショッピングでカードを利用した場合、1回払いやボーナス払いに設定したときは手数料が発生しません。ただし分割払いやリボ払いを選択した場合は一定の手数料が発生します。一方、キャッシングお金を引き落とした場合は1回払いで返済をしても特例を除いて必ず金利手数料が発生します。

つまり買い物をする際に翌月に返済が可能なのであれば、ショッピングとしてカードを利用したほうが全体的な出費は少なくなるという事です。

1回払いのメリットとデメリットについて考える

キャッシングにおいても、ショッピングにおいても、1回払いを選択した場合はどのようなメリットやデメリットがあるのかを確認してみましょう。1回払いのメリットといえば、なんといっても利用したお金以外の出費を最小限に食い止められる、という事ではないでしょうか。

支払う期間は翌月の1回のみなので、先ほども触れたとおりショッピング枠であれば金利手数料は一切発生しないですし、キャッシングでお金を借りたとしても翌月の支払い時に金利が上乗せされるだけです。一方、デメリットとしては翌月の出費が大きくなるため、それ以外でカバーしなければいけないという点があげられます。

毎月の生活費以外にまとまってお金が出ていくわけですから、日々の出費の中で切りつけられるところは切り詰めたり、遊びに行ったり買い物に行ったりすることを控える必要も出てくるでしょう。1回払いを選択する際は翌月の生活が破たんしないかどうかをシミュレーションしたうえで利用するようにしてください。

リボ払いのメリットとデメリット

キャッシングでよく利用される返済方法の1つにリボ払いと呼ばれるものがあります。テレビのコマーシャルなどでもよく聞かれる言葉なので、言葉自体は知っている人は多いのではないでしょうか。ただしリボ払いの意味となると、多くの人が正しく理解していないことがほとんどです。

リボ払いはしっかりと意味を理解してから利用しないと大きなトラブルの元となります。リボ払いとは簡単に説明すると利用した総額に関係なく毎月一定のお金を支払っていくという返済方法です。例えば分割払いの場合、10万円利用したのと100万円利用したのとでは同じ回数の分割払いでも1か月ごとの支払額は異なります。

しかし月々1万円のリボ払いに設定していれば10万円お金を引き出そうが100万円お金を引き出そうが月々の支払は1万円で変わることがありません。リボ払いの最大のメリットは支払いの負担が一定になるという事です。

毎月決まった金額のお金を返済するので、いくら利用しても返済の際に負担を感じる事はありません。一方で支払が長期化するというデメリットもあります。支払いが長期化していけばその分金利手数料もたくさんかかります。

負担が無いから楽だと思っていても、支払総額は分割で返済していくよりもずっと多くなっているのです。

更にリボ払いならではの落とし穴があります。

いくら利用しても支払額が一定なので、自分が借金をしているという感覚がだんだんと薄れていきます。するとどんどんキャッシング利用していって、気が付いたときには返済がいつ終わるか分からないほど借入金額が増大しているという事態に陥る人がとても多いです。

(ucカードにはキャッシング枠があり、融資を受けられます)

キャッシングを利用する前に

キャッシングやカードローンは気軽に利用できるものですが、気軽に利用して良いものではないという事を頭に入れておいてください。キャシングやカードローンを利用する際にはまず、本当にそのお金が今すぐ必要なのかをよく考えましょう。

急な出費が発生すると誰もが慌てるものですが、ここは落ち着いて自分が所有しているお金で賄えないか考えてみてください。たとえその月の収入からは支払えなかったとしても、貯蓄があるなら貯蓄を切り崩して支払った方が良いです。

貯蓄を切り崩すことが出来れば翌月の生活でしんどい思いをしなくて済みますし、キャッシングを利用することによる金利手数料の出費も抑えることができます。使ったお金はまたコツコツ貯めればよいのです。特に思わぬ出費ではなく、なにか欲しいものを買う際にはその商品が本当に今すぐ欲しいものなのか、翌月の生活を切り詰めてまでも手に入れる価値があるものかどうか、よく考えてから利用してください。

そして借りると決めたときに必ずやっておいてほしいのが返済計画を立てるという事です。改めて言うまでもありませんが、キャッシングは借金なので決められた期日までに返済する必要があります。返済する分のお金を差し引いても日々の生活はこなせるのかをよくシミュレーションしましょう。

もしも苦しいと判断したならばキャッシングは利用しない方が身のためです。

お金を借りる条件を満たしているか

返済計画を立て、お金を借りることが可能だと判断しても場合によっては審査に落ちることがあります。自分がお金を借りる条件をきたしているか分かると、より合格する確率が高くなるでしょう。まず安定した収入を得ていることが絶対条件です。

会社員、フリーターなど、どういった立場で仕事をしているかはあまり関係ありません。長期的に勤めているかどうかの方が重要です。またほかの会社ですでに借金をしている人は、できるだけそれらの返済を済ませてから利用した方が良いでしょう。